大会概要

ラリー北海道とは

ラリー北海道は、FIAとJAFが統括する自動車のラリー競技大会です。

ラリー北海道は、2002年に日本で初めてのFIA選手権タイトルの国際ラリーイベントとして開催されました。

2003年には世界ラリー選手権(WRC)候補イベントとして開催され、2004年には(WRC)ラリー・ジャパンと併催して開催されました。2005年よりラリー・ジャパンから再び独立し、APRC(アジア・パシフィック ラリー選手権)とJAFのJRC(全日本ラリー選手権)を併催する国際ラリー大会として開催を続けています。

ラリー北海道はその初開催から現在に至るまで、一貫して北海道十勝エリアで開催されてきました。
林道は狭い高速のステージですが、そのステージは選手からも来場者からも評価が高く、WRCでも人気の高いニュージーランドのロケーションに似ているとも言われております。

2008年にはサービスパークをラリージャパンで使用されていた北愛国交流広場に移し、それと共に隣接するスーパースペシャルステージ(SSS)が加わり、初めての方でもラリーの迫力を気軽に体験できるようになりました。観戦エリアは基本的に有料ですが、ラリーの中心となる北愛国サービスパークは無料で入場出来ます。お気軽にお越し下さい。

今年2016年は記念すべき15回目の大会を迎えます。

今年の開催日である9月23(金)〜25日(日)は北海道では秋真っ盛りという時期となります。是非現地で世界の走りをお楽しみ下さい。

 

2016年吉日

 

大会事務局

〒003-0022
札幌市白石区南郷通19丁目南4-9
ラリー北海道大会事務局(下記地図にはオートランドヒロと表記)
TEL 011-864-2003 FAX 011-864-1182


Copyright(c) 2013 Rally Hokkaido All Rights Reserved.